人形供養の寺


地域の皆さまとの信頼関係のもと、故郷の文化・伝統の継承に努めてまいります。

当院は、天平2年(730年)奈良時代の僧・行基菩薩によって開基された静円寺の塔頭寺院の中の一院で、霊剣あらたかな寺として信仰されています。また、江戸時代末期より和歌山県加太町にある淡嶋神社の分身が祀られ、淡嶋様ゆかりのお寺としてその名が知られるようになりました。昨今は、淡島様ゆかりの《人形供養祭》を30年以上にわたり開催しており、「人形供養の寺」としても親しまれています。

公開日:
最終更新日:2021/05/10